ブラザー工業「Brother Global」

グローバル共通の価値訴求と、
顧客のストーリーに応える情報発信

HOME 実績 ブラザー工業「Brother Global」

ABOUT PROJECT

プロジェクトについて

40以上の国と地域をまたぎ、世界規模で事業を展開するブラザー工業の顔となるグローバルサイトをリニューアルしました。単なるグローバルハブとしてのサイトではなく、グローバル共通の価値を訴求しながらもユーザーの想いや行動を第一に考慮したサイト構造を目指しました。また、導入したCMSで独自のフレームワークを構築し、運用のしやすさを担保。日本だけでなく、各国拠点の運用もサポートしています。

MAIN SUBJECTS

主なテーマ・課題

  • ブラザーサイト群を通してグループ企業の強みが打ち出せていない
  • Web設計におけるCX視点が不足している
  • 品質維持・改善のための体制基盤ができていない
  • グローバルサイトのあるべき姿にたどり着いていない

SOLUTIONS

アクアリングのソリューション

グローバル共通の価値を抽出し、ブラザーの顔となるコンテンツを展開

リニューアル前サイトは、各国サイトへのハブとしての機能と、ビジュアルの少ないビジーな企業情報が主であり、主体的に必要情報を探しにくるユーザーしか活用できない状態となっていました。そこで、「なぜブラザー製品・ソリューションを利用するのか?」の答えとなるブラザーのグローバル共通の価値を抽出し、ユーザーへ確実に強みを訴求できるコンテンツを複数展開しました。また、「リファレンスとしても使える情報」を集め、各国販売会社の情報レベルの差をなくすことで、販売活動への寄与も意識しています。

ユーザー行動や想いを第一に考慮したサイト構造

グローバルサイトとローカルサイトでゲートウェイ機能が複数存在し、ユーザーが非常に迷いやすい状況が生まれていたため、徹底的に整理を行いシンプルで直感的なUIに改善。また、カスタマージャーニーマップをベースに顧客のストーリーに応えるサイト設計を行い、ユーザーテストでさらなるクオリティアップを図りました。そのほか、基本的なアクセシビリティや多言語対応、cookie取得承認など、様々な国・環境のユーザーが安心して情報を取得できる要件を担保しています。

グローバルサイトとしての品質を維持する運用基盤構築をサポート

過去、サイト品質を維持・改善するための十分な運用基盤を作れていないことが大きな課題でした。アクアリングは、新たに導入した大規模サイト向けプラットフォーム型CMSを活用するため、エレメントを組み合わせて望み通りのレイアウトを実現する独自のフレームワークを開発。グローバル拠点に数多くのWeb担当者がいる中で、マークアップ不要で自由度の高い運用を実現しました。
また、本社のWeb担当者だけではなく、海外販社の外国人スタッフに対しても直に運用レクチャーを行うことで、グローバルにおける運用体制基盤の構築をサポートしています。

  • SCOPE

    WEBサイト新規構築 / コンテンツ企画・開発 / 戦略策定・要件定義 / ユーザーテスト実施 / Sitecore導入 / 多言語対応 / ローカライズ対応 / WEBサイト運用支援

  • CREDITS

    P: 南部 聡史 / PM: 大橋 一輝, 藤井 英一 / Pl, IA, Di: 平野 秀幸 / CD, De: 中川 裕基 / FE: 山本 佳輝, 曽我部 愛子, 馬場 三紗子 / SE: 影近 政通, 岩谷 隆弘
    Support: 久恒 愛香, 菊地 美幸, 小川 祥平, 樽見 香絵子, 小林 知史, 可知 夏実, 渡辺 雄大

  • LINK

    https://global.brother/

Recruit

採用情報

「いいモノづくり」を共に追求し、感動を届けることに喜びを感じられる仲間を募集しています。

Contact

ご相談・お問い合わせ

サービスに対するご相談やご質問など、お問い合わせフォームから受け付けています。